足を細くするためのヒント1

足を細くするのには、アクセルブレーキ状態の体の使い方から

ブレーキが不必要に掛っていない状態で、スー、スーと

歩いたり走ったりするのが一番良いと思います。

アクセルブレーキ状態とは太もも前側も後ろ側も力が入っていて
ロックされている状態のことです。

良い状態=良い体の使い方で動けば、スポーツ選手も一般の人も関係なく

誰でもスタイルはよくなります。


理由は必要ない筋肉を使わなくなることによって、太もも前側外側、

ふくらはぎの筋肉太りを解消できるからです。

逆に良い体の使い方、無駄の無い効率的な体の使い方で使う筋肉は、

簡単に言うとお尻が中心なので、キュと上がった状態になっていきます。

運動能力向上と見た目のスタイルを良くする為に必要な体の使い方が

同一線上にあるということが興味深いところです。



以前、具体的な方法を、ちょこっと書いたのですが、分りずらいですね。

ポイントはとにかく歩き出す時、走り出す時に太もも前側外側を

リラックスさせてから、スーと一歩目に流れることです。


ベルトをした時の真後ろの辺りからスーと始動していく感じです。

何かに捕まりながら試してもいいし、腰の辺りを人に後ろから支えてもらって

自分はリラックスし、ふんわり立った状態で、そこから押してもらえば、

良い立ち方から良いスタートを体験できると思います。

決まった方法はなく、良い一歩目にスーと移行できるなら

何でもいいのです。

 なぜ一歩目にこだわるかと言うと、動き出してからの修正は

すごく難しく、最初の使い方が保たれてしまいやすいからです。

だからまずは、一歩目へのスムーズな流れを何度も何度も繰り返してください。

アクセルブレーキ状態とスムーズなスーと流れるように進んで行く状態は

全く感じが違うので体験すれば分かると思います。

問題はその状態を常に保てるようになるかどうかです。

今までの習慣の結果、今の体の使い方、筋肉が出来ているので

改善には多少の時間、試行錯誤は絶対に必要です。

 結果の見えない努力はつらいものです。

そこで、これを読んで試してくれた方が確実に結果を出していくために

日常における注意点を書きます。

自転車通勤をしているなら、一番軽いギヤしか使わない、軽いギヤが無いなら

止める、ジムでダイエットの為に自転車こいでカロリー消費しているなら

即座に止めてランニングにする。

靴はなるべく底が平らなソールの物に変える。運動する時もクッションが厚く

踵の方が高くなっている物は避け、平らな物にする。

長時間椅子に座っている時などに太もも前側に力が無駄に入ってしまう物は

絶対に避ける。

日常的に太もも前側外側をリラックスして動けているか?意識を向ける。

 改善の取り組みをしただけで、プラス1とは考えないでください。

筋肉太りの原因に1つ対処して、改善もやって、初めてプラス1進歩と

考えてください。

原因をそのままにして、改善だけ取り組んでもプラスマイナス0で、

いつまでたっても進歩できなく、時間と労力が無駄になってしまいます。


 




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/203674069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。